世界各国の科学技術に対する考え方をグラフ化してみる(2010-2014年)(最新)

2014/11/17 14:13

物事の理(ことわり)を数理や法則で体現化し、その仕組みを解析すると共に、その内容を生活に役立て、知的好奇心の充足に用いる。人間の飽く無き欲望の充足手段として科学技術は進歩発展をしてきたが、その方向性や進歩に伴う弊害を受けて、一部にせよ全体にせよ否定的な意見を唱える人も少なくない。それでは社会の方向性として、科学技術の進歩は肯定されるべきなのか、それとも否定するのが望ましいのか。世界規模で国単位の価値観を定点観測している【World Values Survey(世界価値観調査)】から、各国の国民ベースでの思惑、傾向を見ていくことにする。

スポンサードリンク


「科学技術は生活をよりよくしてくれる」強い肯定はエジプトや中国


今調査「World Values Survey(世界価値観調査)」に関する概要、調査要項、信頼度の算出方法などは先行記事の【世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる】を参考のこと。

まずは科学技術そのものに対する個人ベースでの期待の項目から。科学技術の進歩発展により、人々の生活はより健康的、快適、過ごしやすくなるのか否か。一般論として1から10の区切りで肯定・否定を語ってもらい、その平均を計算した結果が次のグラフ。完全な否定が1で肯定が10。中間は5.5となる。数字が大きいほど科学技術が生活を豊かにするとの意見に肯定的となる次第。

↑ 科学技術は生活をより健康的に、快適に、過ごしやすくしてくれる(2010-2014年)(1(否定)-10(肯定))(平均値)
↑ 科学技術は生活をより健康的に、快適に、過ごしやすくしてくれる(2010-2014年)(1(否定)-10(肯定))(平均値)

今回抽出した諸国ではすべて5.5を超えており、全般的には肯定的であることが確認できる。一方でエジプトと中国がずば抜けて高く、ウクライナやロシアがそれに続くなど、(旧)共産圏諸国ほど科学技術への期待が高いことがうかがえる。

日本はといえば7.48。やや高めの期待地ではあるが、データの詳細を見ると「それなりに貢献する」的な領域の「8」が最大回答率(23.1%)を占めていることや、「分からない」(平均値換算の際には除外)が14.4%もいる点で、科学技術への疑いを持つ人、完全に信じ切れているわけではない人の多さが見て取れる。

科学技術で世の中は良くなるのか、そして重点を置くべきか


それでは生活に留まらず、世の中全体として科学技術により世の中はもっと良くなるのだろうか、それとも悪くなるのだろうか。同じ様式で回答してもらった平均値が次のグラフ。値が高いほど「科学の進歩は世の中を良くする」との想いが、国民全体として強いことを意味する。

↑ 科学技術で世の中はもっと良くなるか悪くなるか(2010-2014年)(1(悪)-10(良))(平均値)
↑ 科学技術で世の中はもっと良くなるか悪くなるか(2010-2014年)(1(悪)-10(良))(平均値)

人々の生活ベースでの科学技術の貢献を信じる人が多い中国やエジプトなどで、高い値が出ている。特に中国は抜きんでる形となっているのが注目に値する。投資できるリソースが多く、成果を見受ける機会が多いのも一因だろう。ゲームならば何度でもサイコロを振る機会が得られるというあたりか。

生活周りでは意外に低い値を示したアメリカ合衆国や韓国でも高い結果が出ており、科学が世の中を良い方向に牽引してくれることを期待する意思が強いことが分かる。他方日本は意外にも低めの値に留まっており、やや残念な結果となっている。もっとも「分からない」の回答率も17%ほど確認されており、これが足を引っ張った部分もある。

最後は、その技術の進歩に国全体として重点を置くことは良い事か否かについて。これは良し悪しの2択に加え「どちらともいえない」「分からない」の選択肢を用意し、いずれかを選んでもらった上で、良し=プラス1・悪し=マイナス1で足し引きし、その結果を重点配慮への傾向値として算出したもの。数字が大きい方が、その国の国民は技術進歩促進に積極的な姿勢を有していることになる。

↑ 技術進歩に重点を置くことは良いことか(2010-2014年)(良いこと=+1、悪いこと=−1で計算)
↑ 技術進歩に重点を置くことは良いことか(2010-2014年)(良いこと=+1、悪いこと=−1で計算)

科学技術で生活が良くなる、世の中が良くなると考えている傾向が強い中国やエジプトでは、やはり高い値を示している。科学は個人ベースでも世の中全体でも良くしてくれる原動力となるので、国としても重点を置くのは当然の話であり喜ぶべき施策だと考えるのは物の道理。日本では科学の進歩で世の中が良くなるか否かについてはいくぶん懐疑的ではあったが、重点施策に関しては肯定的な意見が強くなっている。

もっとも先進諸国では値が低めなのも傾向として見受けられる。例えばドイツでは0.47、アメリカ合衆国では0.42と意外に低い。これは先進国ほど「どちらともいえない」「分からない」の回答率が増え、良し悪しへの割り振りが減ってしまうのが主要因。例えばアメリカ合衆国では実に42.3%もの人が「どちらともいえない」と回答している。闇雲に前進するばかりでは時として暴走につながり、道を誤りかねないことへのリスクを恐れて、さらにはその実体験からの教訓の結果としての回答なのかもしれない。



日本は比較的科学技術に関しては肯定的で、国策ベースへの期待でも悪い値は出ていない。しかし現状では科学への軽視傾向が多分に見受けられる。いずれも震災前の調査であることも一因かもしれないが、現状とは幾分かけ離れている感も否めない。

「科学万能、”猛”進主義でないのなら、あまり科学技術に力を入れなくても良いではないか」「世界で一番で無くても、他国に任せれば良いのでは」「数年くらい研究を中断しても問題ないのでは?」との意見を持つ人もいることは否めない。

親に叱られる子供イメージ子供が自ら望んでピアノや野球の練習に励む様子を想像して欲しいが、そのような場で子供に対して「どのみちあなたは出来っこないのだから、あまり練習をしなくてもいいよ」「どのみちあの子が大会候補に選ばれるのだから、ピアノ塾もお金も無駄になるので、通う回数を半分にしていいね」「お前はいくら練習したところでプロ野球選手、それどころか児童会チームのレギュラーにもなれやしない」と親が高圧的にさとしたら、子供はどのように想うだろうか。やる気を無くし、機会を失い、もしかしたら芽生え、大きく成長したかもしれない芽をつぶしてしまうだろう。大きく成長はしなくとも、果実を実らせるくらいに成長し得たかもしれない「可能性」を無きものにしてしまう(すぐに結果が出ないもの、形が目の前に見えないものは軽視する、という風潮は昨今のメディアが推し進めているものかもしれない。参照:【自分の目の前にあるものがすべてではないことを知る】)。

そして自分自身の経験を思い返してほしいのだが、中長期的な目標を設定した場合、その目標値を10にしたところで、その目標値通りに達成することは滅多にない。大抵がその半分前後の達成率、具体的には5前後に留まってしまうのが世の常。だからこそ目標は「夢」であり「最大限に成功した際の天井的なもの」として設定されねばならない。「末は博士か大臣か」は親から子供に向けられた昔の言葉だが、実際にすべての子供が博士か大臣になる状況などありえない。

楽しく科学を学ぶ子供達イメージある意味、科学技術への資金・人材・機会的な支援は中長期な視点での「投資」に他ならない。「短期的な成果が見られないから」「一番になる可能性が低いから」、それだけで研究を中断したり歩みをくじかせるのは、短期的にはプラスとなるかもしれないが、中長期的には間違いなくマイナスとなる。もちろん本当の「ムダ」を省くのは必要ではあるものの、未来の世代に向けて保存してある「種もみ」や「備蓄食料」を、「今贅沢をしたいから」「贅沢させると約束したから」との理由で手をつけるのは、現在においてはもちろんのこと、未来の子供達に対する大罪に他ならない。

あるいは「先の事など知らない」と受け止められる大人たちの自分勝手な行動に、子供達はどのような視線をむけているのか。大人たちは今一度、考え直してみるべきではないだろうか。日本は科学や技術に対して、他国に負けないバランス感覚に優れた考え方を持っているのだから。


■関連記事:
【人材への投資が行われにくい理由、そして終身雇用制のもう一つの効用】
【日本で投資事業が進まない理由、そしてお金の知識とは】
【86.8%が「国際的競争力アップのために科学技術の発展は欠かせない」】
【76.6%が「若手の育成」・58.7%が「資金支援」を要望-科学技術の発展に必要な政策とは】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー