ツイッターな人たちに贈る、素敵な(?)クリスマスプレゼントたち

2009/11/23 07:25

つぶやきTシャツイメージそろそろ街並みに電飾や赤・緑の飾りが目に留まるようになり、赤服を着て白いひげを付けた謎の人物が煙突から住居内に忍び寄り、贈呈品を枕元に置いて立ち去るという、不思議なイベントの季節が近付いてくるのを実感する日本以上にこのシーズンを大騒ぎし、消費者も商店もプレゼント攻勢に走る海外では、多種多様なアイディア商品的なプレゼントが紹介されている。今回はそれらの中から【InventorSpot】で紹介されていた、ツイッターをはじめとする各種ソーシャルメディア好きな人たちに贈るように考案・展開されているギフト商品について、いくつか紹介してみることにしよう。

スポンサードリンク


ツイッターのフォロワーアイコンなマグカップ。
ツイッターのフォロワーアイコンなマグカップ。

140文字以内で自己表現をするミニブログこと【ツイッター(Twitter)】のフォロワー(自分が「つぶやき」を追いかけている相手)リストのアイコンを、そのままマグカップにしたもの。創りたい対象のアカウントを入力すると、それに基づいてマグカップをデザイン、作成してくれる。お寿司屋さんなどで見かける「魚編の漢字がぎっしり詰まった湯のみ」みたいな感はあるが、特定の人物向けのデザインになっているのがポイント。日本向けのサービスではないが、似たようなマグカップなら例えば『楽天市場でマグカップのデザインを自由にオーダーできるサービス』を選び、そのデザインに対象者のアカウントのフォロワーリストを使えば良い。案外手軽で、喜んでもらえそうな気も。

ツイッターなTシャツ
ツイッターなTシャツ

「ツウィートミー(私につぶやいてね)」イメージ胸部部分に自分のアカウントを掲載してくれる、デザインTシャツサービス。後ろには「フォローミー(自分のつぶやきをフォローしてね)」と書いてある。Tシャツのサイズと数を選んだら、アカウントを入力し、色を決めるだけで自分のツイッターアカウントをアピール可能なTシャツを注文できる。他にも単にアカウント名だけでなく「ツウィートミー(私につぶやいてね)」のメッセージ付のバージョンもあり、ちょっとしゃれているかも。価格は20ドル前後。

自分のアカウントを公衆の面前にさらすリスクについては、あくまでも閲覧が出来る(&フォローできる)に過ぎず、プロフィール部分にプライバシーに関する記述をしておかなければ良いだけの話。いわばブログやウェブサイトのURLを掲示しているようなものということだ。

ウェブ上からのテキスト入力ですべてのカタがつくという点では気軽だが、これはあくまでも海外のサービス。『自分のデータ入力でTシャツをデザインしてくれるサービス(楽天市場)』などで代用できるが、少々面倒かもしれない。



All your base are belong to us.なツイッターTシャツイメージ他にも元記事では時計やバッグなど、汎用性が高い日用雑貨で、デザインを色々とカスタマイズできるものについて、ツイッターやSNSチックなデザインをしているものを見つけることができる(ネクタイなどはちょっとしゃれているかも)。

ただ、本文でも触れているがこれらの商品は「自分でデザインする手間を省き、アカウントなどデータの入力だけで事足りる」サービスに過ぎない。ちょっと自分で手間をかければ、既存の「オリジナルTシャツ」「オリジナルマグカップ」のサービスを使うことで、誰でも作ることができる。要はアイディア勝負というわけだ。

今回紹介した2アイテムは、マグカップは「見た目の良さと個人個人に向けたオリジナリティ」から、Tシャツは「シンプルさとツイッターならではの他人へのアピール性(ブログやサイトと比べて表現する文字列が少ないので、他人にもすぐに覚えてもらえる)」から取り上げた次第である。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー