「健康記録」をつけてみよう

2009/11/28 08:42

記録をつけるイメージ当方(不破)のように定期的に通院している人はともかく、普段健康にしている人がふとした理由で病院に足を運ぶ羽目になった際、医者から聞かれて困るのが「過去にどのような病気、怪我をしたことがあるか」について。大病なら大抵の場合は覚えているはずだが、それでも細かい年数は忘れてしまうかもしれない。また、うっかり医者に話し忘れ、後で色々と問題が生じる可能性がないわけでもない。【アメリカ家庭医学会(American Academy of Family Physicians)】では【HealthDay】を介し、普段から「健康記録」をつけることを勧めている。そしてその記録には、次のような項目を書き記すように促している。

スポンサードリンク


・これまでに治療を受けた、すべての怪我や病気。

・過去の入院歴。時期だけでなく、その理由も忘れずに。

・どのようなアレルギーを持っているか。薬だけでなく、食品、家庭用品、花粉、その他。

・過去に受けた手術、医療措置。

・服用、あるいは摂取している市販薬、処方せん薬。さらにはビタミンや補助食品なども含む。それらについて、普段服用している量と頻度を忘れずに。

・近親者が持っている持病、生じた疾患や疾病、健康上の問題。

もちろんだがこれら以外に、血液型(細かい型が分かるのならそれも)も記しておくとよいだろう。

処方せん薬を購入している人は恐らく「お薬手帳」という、自分がどんな薬を処方してもらい、薬剤師から受け取ったかを記録する手帳をもらっているはず。それに差し込む形でメモを貼りつけても良い。また、一時期流行ったダイエット法の一つ、「口にした食品をすべてメモする方法」を実践しているのなら、それと一緒にするのもありだろう。免許を持っている人は免許入れの中に、これらを書き記した一覧のメモを挟んでおくと、いざという時に役立つに違いない。

また、便利な方法の一つとして、携帯電話のメモ機能などに、これらの項目を書きこむことも挙げられる。だが残念ながら、病院内では通常は携帯電話を使うことを禁じられている。いざという時のために覚え書きとして書き込んでおき、必要事項が付加されたら書き足していく。そして、実際に病院に足を運ぶ時になったら、紙に写すようにしてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー