夫婦のメールでのやりとり、3人に2人は「絵文字使います!」

2009/11/23 07:21

絵文字イメージ博報堂生活総合研究所は2009年11月18日、「夫婦間のメールなどによるコミュニケーションに関する調査」結果を発表した。それによると、夫婦間のコミュニケーションのためのメールでもっとも利用している素材は「絵文字」で、6割を超えていることが分かった。元々は携帯電話のパケット料金を少しでも安く抑えつつ、意志表示をするために組み込まれた工夫ではあるが、現在では携帯電話の独自文化としてごく普通に使われていることが分かる。また、写真を利用する割合も4割に達しており、携帯電話のデジカメ機能が積極的に活用されているようすがうかがえる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年3月にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は2000人。男女比は1対1(既婚者を対象としているため、夫・妻となる)、年齢階層比は20代・30代・40代・50代・60代で均等割り当て。地域区分は人口構成比で割り付けてある。なお調査上で「メールでのやり取り」とした場合、94.9%が「携帯電話同士」と回答しており、実質的に「携帯電話同士でのメール(その他少数)」と見なして良い。

夫婦間のメールで最も多く利用する機器はどの組み合わせか
夫婦間のメールで最も多く利用する機器はどの組み合わせか(再録)

夫婦間でメールを使ってコミュニケーションをしている人は調査母体中1465人。それらの人に、メール内で文字情報以外にどのような素材を使っているか、複数回答で尋ねたところ、もっとも多い回答は「絵文字」で62.7%に達していた。

夫婦間メールで、文字情報以外にどのような素材を利用してメールを作成していますか(複数回答)
夫婦間メールで、文字情報以外にどのような素材を利用してメールを作成していますか(複数回答)

携帯電話会社間における絵文字の非整合性もほぼ解消され、絵文字は今や携帯電話における「第二の言語」としての立ち位置を占めつつある。ビジュアルのきらびやかはもちろんだが、「あいまいな意思表示」が可能なこと(色々な解釈ができる、という点もある)、文字列だけだと誤解されやすい内容も絵文字で「お気軽さ」「親近感」を演出できることなどが、特に若年層に受けている。

次いで多用されているのは「写真」。冒頭でも触れているが、携帯電話のデジカメ機能の普及と、文章よりも多分に通信「量」がかかるため、通信「料」を気にしなくても済む「定額制」の普及が、利用を後押ししているのだろう(参考:【携帯電話のパケット定額制普及率の推移をグラフ化してみる】)。

これを男女別・年齢階層別で見ると、それぞれの属性の特徴が見えてくる。

夫婦間メールで、文字情報以外にどのような素材を利用してメールを作成していますか(複数回答)(上位3位)
夫婦間メールで、文字情報以外にどのような素材を利用してメールを作成していますか(複数回答)(上位3位)

「絵文字」が圧倒的多数であるのはどの属性でも変わらない。また、全般的に同じ年齢なら男性よりも女性の方が、装飾を多用していることが分かる。興味深いのは40-50代の女性で、この階層に限り「写真よりも顔文字を多く使う」傾向が確認できる。写真利用率が急激に低下するのはこの年齢層からなので、「写真に対する抵抗感」があるのか、あるいは「手持ちの機種がデジカメに対応していない」のかもしれない。



20代女性に限れば、8割以上が夫婦間のメールで利用している「絵文字」。概念的には現在のパソコンなどの文字にも一部存在しているもの(記号文字)、パソコンの初期時代にキャラクタを書きかえることができた「PCG(Programmable Character Generator:プログラマブル・キャラクタ・ジェネレーター)」で作った絵文字に近しいものがある。あるいはいわゆる「象形文字」の親戚のようなものかもしれない。

【電子メール94.5%・絵文字も69.6%……携帯電話は「携帯」する「電話」を超えた】など他の調査機関の調査結果でも、絵文字は相当浸透しているようすがうかがえる。デジタル化で何でもきっかりと正確に表現できる昨今、逆に「絵文字」の曖昧さが、携帯電話世代にはウケているのかもしれない。そしてそれは夫婦間のやりとりにおいても同じなのだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー