カギが無くとも誰にも邪魔されない密室を創れるドアノブ

2009/11/17 05:30

「The Doorknob Signal」イメージホテルには「Do Not Disturb」と書かれたカードが用意してあることが多い。ドアノブ部分にかけておくと、ホテル側に「朝になっても起さないで下さい」という意思表示をするもので、「ドアサイン」とも呼ぶそうだ。ホテル以外でも勉強や作業など集中したい時に、「家族に邪魔されたくない」という状況があるはず。内鍵があれば話は別だが、色々面倒なことになりうるし、自宅の個室に内鍵を設けるところはさほど多くない。そこで考え出されたのが、今回紹介する「The Doorknob Signal」。簡単に説明すれば、「入室しても良いか否かを明確に意思表示できるドアノブ」といったところだろうか(【トリガー記事:Toxel.com】)。

スポンサードリンク


使い方を断面図で。外から邪魔されたくない時には、部屋の内部にドアノブを引っ張って収納してしまう。用事が済んだら元に戻せばよい。
使い方を断面図で。外から邪魔されたくない時には、部屋の内部にドアノブを引っ張って収納してしまう。用事が済んだら元に戻せばよい。

外から見た様子。下は「入ったらダメ」状態。ドアノブがつかめないので、確かに入れない。
外から見た様子。下は「入ったらダメ」状態。ドアノブがつかめないので、確かに入れない。

これはデザイナーの【Arnaud Lapierre】氏が2007年に考案・発表したもの(あくまでもコンセプトデザイン)。普段はごく普通のドアノブとして使用できる。しかし部屋の持ち主が「他人に邪魔されたくないな」「開けて欲しくない」という意思表示をしたい場合には、部屋の内側からドアノブそのものを引っ張り(ノブ自身にスイッチが見当たらないので、恐らく特定のひねり方をすると引っ張れるようになるのだろう)、内側に収納してしまう。この状態になると、部屋の内側からは開けられるが、外側はノブ部分が平らになってしまいつかむ場所が無くなるので、事実上「ドアを閉められた」状態になるという次第。

密室を作るにはシンプルで分かりやすいアイディアだが、元記事などでも指摘されているように、外から見たら「いつ鍵が開くのか」が分からないなどのデメリットがある。いっそのことバネか何かで内側から「どれくらいの時間でドアノブが元に戻るか」をセット出来、その時間が外からでも見られるようになればよいのだが。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー