ブログの更新頻度が減った人、その理由は「仕事や家庭の事情」、そして……

2009/11/11 06:31

更新しなくなったブログイメージ先日【中高年はブログへ、若年層はツイッターへ!?】で説明をしたが、ブログを中心にデータを収集し分析を実施し、ブログ対象の検索エンジンサービスを提供しているTechnoratiは2009年10月19日以降に、最新のブログ事情を分析・統計した結果を発表するカンファレンス「State of the Blogosphere」の今年版の資料を逐次公開している(State of the Blogosphere 2009)。世界全体におけるブログの現状を、色々な視点から確認できる貴重なデータが豊富に盛り込まれている資料として注目に値する内容。今記事ではその中から、昔と比べてブログの更新頻度が減った人において、その理由を詳しく見ていくことにする。

スポンサードリンク


「State of the Blogosphere 2009」の内容は市場調査会社Penn Schoen and Berland Associatesによって2828人のブロガー(ブログを書き込み、運営する人)を対象にし2009年9月4日-23日にインターネット経由で行われたもの(アメリカだけではなく、他の主要国に対しても行われている)。そのうち72%は自分の趣味などを目的にブログをしている「自己満足派」。15%は自分の専門知識を披露し、本業の補助や宣伝に活用し、収入の一部を賄う「副業派」。9%は社内などで業務の上でブログを展開する「業務派」。そして最後の4%は「プロのブロガー」。

以前の記事でも触れたが、今と昔でブログの更新頻度が増えた・減った・変わらない人はほぼ1対1対1の割合。そして更新頻度が増えた人は、読者や他のブロガーとの交流が楽しいから、というのが主な理由だった。

ブログを始めた時と今、どっちが更新頻度が上?
ブログを始めた時と今、どっちが更新頻度が上?(再録)

なぜ今の方が更新頻度が上なのか?(ブログ更新頻度で「今の方が昔より上」と答えた人限定、複数回答)
なぜ今の方が更新頻度が上なのか?(ブログ更新頻度で「今の方が昔より上」と答えた人限定、複数回答)(再録)

それでは逆に、昔よりブログの更新頻度が減った人は、どうしてあまり更新をしなくなったのだろうか。全体、そして「自己満足派」と「副業派」の区分に対して尋ねた結果が次の図(「業務派」は会社の命によるものだし、「プロブロガー」はあまり突っ込まれたくない事情があるという配慮なのか、区分別回答の欄には掲載されていない。漫画家に「どうして連載本数が減ったの?」・タレントに「最近ドラマであんまり見かけないね」と聞くのはあまりにも無神経かもしれないのと同じだろう)。

なぜ昔と比べて更新頻度が減ったのか?(ブログ更新頻度で「昔の方が今より上」と答えた人限定、複数回答)
なぜ昔と比べて更新頻度が減ったのか?(ブログ更新頻度で「昔の方が今より上」と答えた人限定、複数回答)

仕事や家庭の事情以外では
ツイッターやSNSに
「心が奪われていく」
一番大きな理由は「仕事や家族(家庭)の事情で」。はじめた時と比べて仕事が忙しくなり、ブログに時間を割けなくなったというのはよくある話だ。次いでの理由が「ツイッターなどのミニブログに時間をとられて」「SNSに時間をとられて」。元々自由時間は有限だから、より興味があるものが出来れば、そちらに注力する時間は長くなる。ましてや仕事やプロのブロガーで無ければ、ブログにこだわる必要はあまりない。このあたりの事情は【中高年はブログへ、若年層はツイッターへ!?】【「1%の人が35%分もの利用」「安全じゃないから使わない」ツイッターの現状】などとも深い関係がありそうだ。

一応全体意見以外に「自己満足派」「副業派」の区分でもグラフを生成してあるが、大きな違いは副業ゆえの理由、「執筆活動」「ブログ以外のウェブコンテンツ作成」によるものが大きい。気になるのは「ブログが自分の社会生活に悪い影響を及ぼした」という意見が、副業派の方が多いこと。つまりは「副業でトラブルが発生し、本業にマイナスの影響を与えてしまった」ということだろうか。



ブログも、「ウェブ上での自己表現を簡単に行う」ツールの一つに他ならない。他の方法がよりシンプルで効果的ならば、ブログにこだわる必要は無い。その観点で考えれば、ツイッターやSNSに流れる人が少なからずいるのも仕方の無い話。

今資料はあくまでもブロガーに対するものなので、それを求めるのは無理があるが、出来ればSNSやツイッターの利用者で、ブログに移行した人の理由も聞いてみたいものである。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー