ブログもモバイル端末の時代へ……モバイルでブログ更新は2割、去年より機会が増えた人は6割近くに

2009/11/06 12:00

携帯電話でブログ更新イメージ先に【中高年はブログへ、若年層はツイッターへ!?】で説明をしているように、ブログを中心にデータを収集し分析を行ったり、ブログを対象とする検索エンジンサービスを提供するTechnoratiは2009年10月19日から、最新のブログ事情を分析・統計した結果を発表するカンファレンス「State of the Blogosphere」の今年版の資料を逐次公開した(State of the Blogosphere 2009)。世界全体におけるブログの現状を、さまざまな視点から確認できる貴重なデータが豊富に盛り込まれている資料として注目に値する内容だが、今回はその中から、最近利用者も増えてきたものと思われる、「携帯電話をはじめとするモバイル端末と、ブログの更新・コメント書き込みの関係」に関するデータを見ていくことにする。

スポンサードリンク


「State of the Blogosphere 2009」では市場調査会社Penn Schoen and Berland Associatesによって2828人のブロガー(ブログを書き込み、運営する人)を対象に2009年9月4日から23日にかけてインターネット経由で行われたもの(ちなみにアメリカだけではなく、全世界に対して行われている)。そのうち72%は自分の趣味などを目的にブログを行っている「自己満足派」。15%は自分の専門知識を披露して本職のサポートや宣伝に活用したり収入の一部を賄う「副業派」。9%は社内などで業務としてブログを展開する「業務派」。そして最後の4%は「プロのブロガー」。

調査母体に対してブログの記事更新やコメントの書き込みを、携帯電話をはじめとするモバイル端末からしているか否かについて尋ねたところ、2割の人が「している」と回答した。

あなたはブログの更新やコメントをモバイル端末から行いますか?
あなたはブログの更新やコメントをモバイル端末から行いますか?

「only(-だけ)」という表記がないことから、「モバイル端末”でも”やっているか」と解釈できるが、5人に1人はケータイなどで「も」、ブログを管理運営している計算になる。

この「2割」が多いか少ないかは微妙なところだが、これは増加傾向にあるのか、それとも縮小傾向にあるのだろうか。昨年との頻度の差異について尋ねた結果、「増えている」という回答が過半数を占めており、「減った」は1割程度しかないところから、どうやら「モバイル端末でのブログ管理運営スタイルは増加する傾向にある」と見てよいようだ。

去年と比べてモバイル端末でブログを更新する機会は増えましたか?
去年と比べてモバイル端末でブログを更新する機会は増えましたか?

これにはいくつかの理由が考えられる。ツイッターなど他のウェブサービスでモバイル端末を利用する機会が増え、ライフスタイルそのものにおいても利用する頻度が高まっていること、端末そのものの性能が向上し、管理運営がしやすくなったこと(デジカメ機能の搭載もプラスに働いているに違いない)、そしてブログサービス側でもモバイル端末上からの操作を考慮した機能が追加されるようになったことが、ブログのモバイル上からの更新機会を増させているものと思われる。日本に限れば、パケット料金定額制の普及もプラスとなる。

本格的な内容の記事や図版を盛り込む場合、時間をかけて作成する場合には、パソコン経由でないと更新は難しい。一方で速報性を求める現地取材型の記事の場合や、ちょっとした、それこそ「つぶやき」のような記事の更新の場合、携帯電話の方が更新の手間のハードルが低い。全体としてパソコン経由の更新がモバイル端末にとって代わる、ということはないだろうが、モバイル端末の長所を活かした利用頻度はますます高まっていくに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー