イケアのイカすバス停留所広告

2009/11/03 12:00

イケアのイカすバス停留所広告イメージ先に【イケアのイカす階段広告】で紹介したように、スウェーデン発祥の世界的に有名な大手家具店イケア(IKEA)は、その優れた家具をアピールするため、世界各国で奇抜かつ素晴らしい発想の広告展開を世界各国に向けて行っている。今回紹介するのもその一つで、どこにでも見られるバス停留所にちょっとした工夫をし、自社の商品をアピールすることに成功したものだ(Coloribus.com)。

スポンサードリンク



バス停留所の側面に、ぎっしりと、そして乱雑に詰められた料理道具。そして下には……
バス停留所の側面に、ぎっしりと、そして乱雑に詰められた料理道具。そして下には……

バス停留所の壁の片面をガラス張りの容器にし、その中にはぎっしりと、そして乱雑に台所用品や素材が詰められている。タオル、フライパン、電子レンジ用の耐熱手袋、缶詰、鍋のふた、スパゲッティ、コーヒー、豆、その他なんでもあり。ぱっと見で「ああ、これは(自分の家のような)散らかっている台所みたいなものだな」というイメージが頭に思い浮かぶ。要は「カオスな状態の台所」をイメージするためのビジュアル。

そして下に目をやると、イケアの収納セットを用い、キレイに整頓された調理道具たちが。要は「イケアの収納セットを使えば、このガラスケース内にあるような酷い状態の台所は防げますよ」というアピールをしているわけだ。

アピールしたい内容について「それを選択しなかったらどうなるか」を演出し、その有効性をさらに引き立てるのはよくある手法。今件は特殊な環境(縦長のケースを生成できるバス停留所の側面)をうまく活用した、しかも手間があまりかからない優れたやり方といえよう。何しろガラスケースさえ用意できれば、あとは横長のポスターを貼り、適当に台所用品を上から積み重ねていけばよいのだから。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー