子供達の喘息発作のサイン

2009/11/02 04:53

喘息イメージ喘息(ぜんそく)はいくつになってもツラいものだが、特に体力の無い子供の時分には非常に大きな負担を体にかけることになる。もし徴候をみかけたら、吸入器の準備などできるだけ早く対処しておかねばならない。アメリカの肺協会(The American Lung Association)では【HealthDay】を介し、子供における喘息発作の徴候をリストアップしている。

スポンサードリンク


・子供がおびえたような表情、姿勢をし、リラックスできない状態にある。

・安眠できない状態。

・特に夜中にせきをしてしまう。

・汗をかき、皮ふが青白くなり、呼吸が荒くなり、鼻孔(鼻の穴)が開く。

・呼吸が困難になり、唇をすぼめた呼吸をするようになる。

・はいてしまったり、原因不明の疲労感がある。

・肋骨の間、首に凹んだところが見られる。

最後の「肋骨の-」はあまり聞きなれない話しだが、これは整体の上での問題で、喘息になっている人の多くが鎖骨のズレの傾向があるのだという。そして鎖骨をコントロールしているのが、肋骨であるとのこと。

当方(不破)自身も幼い時は喘息の症状をたびたび発していた。風邪をひいた時にせきを繰り返すと非常に疲れる経験を持つ人は多いだろうが、喘息はせきをする瞬間はもちろんのこと、体力消耗が蓄積され、発作後も相当辛い時間を過ごさねばならない。そして「食事が出来ない」「水を飲めない」などの「少しは我慢できる生体活動」では無く、「息が出来ない」という「死」が目の前にくる状況と隣り合わせになるため、子供心において非常に不安な状態となる。

もし身近に喘息の持病を持つ子供がいたら、上記のような発作サインにくれぐれも注意し、優しさをもって接してあげてほしい。それだけでも本人も随分と救われるものだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー