アメリカ最強のデザートはサンデーチョコレート何個分のカロリー?

2009/11/01 08:24

アメリカ最強のデザートイメージこれまで【一食で二日分! アメリカ最強の「塩っぱい」料理たち】【「アメリカで一番健康に悪い」のらく印を押された朝食メニュー】、そして【「アメリカで一番健康に悪い」のらく印を押された食品たち】でアメリカの食生活の「大胆さ」をいくつか紹介した、元ネタの「EAT THIS,NOT THAT!」(「これを食え、あれは食うな」)。先日も気になるランキングを掲載していた。いわゆる【15の凶悪なデザートたち】と題し、アメリカで実際に販売され多くの人が食している、ある意味天国、ある意味地獄的な内容を持つデザートたちだ。その中でも「最強中の最強」なデザートが素晴らしいまでのスペックの持ち主だったので、ここにあらためて紹介しておくことにしよう。

スポンサードリンク


「アメリカで最強なデザート」Romano’s Macaroni GrillのNew York Cheesecake with Caramel Fudge Sauce
「アメリカで最強なデザート」Romano’s Macaroni GrillのNew York Cheesecake with Caramel Fudge Sauce

比較イメージイメージそのデザートの名は「Cheesecake with Caramel Fudge Sauce」。アメリカ全土にチェーン店を持つイタリアンレストラン【Romano’s Macaroni Grill】のデザートのひとつで、そのままの状態とカラメルファッジをかけたものとを選べるが、後者の方を選択した場合のもの。価格は大体6ドル(店によって多少値が異なる)。

写真を見ると大人しそうなスイーツのイメージがあるが、その実中身は強烈。熱量は1660キロカロリー、脂肪は97グラム、ナトリウム950mg(塩分2.4グラム相当)、165グラムの炭水化物。なんだか頭がクラクラしてきそう。メジャーなデザートで比較すると、【マクドナルドのサンデーチョコレート】が237キロカロリーなので、ちょうど7個分。量は別にしても、右写真と同じような感じでカロリーを摂取してしまうことになる。

元記事ではその栄養成分の素晴らしさを評して「破壊的」と形容しており、「ビックマックなら3つ分のカロリー、ベーコンなら57枚分と同じぐらいの脂肪を含んでいる」という、とんでもない比喩でそのパワーを表現している。もちろん代替案も考慮しており、同じ店に足を運んでデザートを注文するなら「Italian Sorbettoを頼もう」と記されている。こちらなら240キロカロリー・脂肪分は1グラムで済む。

【ある海外のブログ】ではこのデザートを評する中で「食事の計算はゴルフのようなもの。出来るだけスコア(カロリー)を減らすよう努力をしなければならない」とある。その考えでいけば、「New York Cheesecake with Caramel Fudge Sauce」は間違いなく大叩きのスコア、ということになるのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー