ゲームソフトランキング更新、上位四タイトルは微動だにせず

2009/11/02 04:52

メディアクリエイトが発表した2009年10月19日-10月25日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回計測週のトップの座についたのは、先週に続きポケモンシリーズ最新作の『ポケットモンスター ハートゴールド』『/ソウルシルバー』だった。『ポケモン』シリーズ早期で大人気となった『金』『銀』のリメイク版で、最新機種向けに様々な改良が施されている。繰り返しになるが、今シリーズ『ハートゴールド』『ソウルシルバー』のように同時期にほぼ同じシステムでデータ・名前違いのタイトルが出た場合、1本分にまとめてランキングを公開する方針になったため、断トツのトップを維持することに。某洗剤の広告のように、「金」「銀」「パール」のような形で三タイトルがまとめて出たらどうするのだろう(笑)。

スポンサードリンク


第二位にはこちらも前回同様の順位を維持した『Wiiフィット プラス』がランクイン。価格の安さ(バランスWiiボード無し版なら定価2000円)も手伝ってか、セールス上の安定感は超一流。スポーツの秋を室内で、という理由づけに購入する人も多いのではないのだろうか(インフルエンザの件もあるし……)。前作『Wii Fit』を買おうとしてタイミングを逃してしまった人も、今回はお見逃しなく。なおそのような人は、前作『Wii Fit』は買う必要が無いのでご安心を。

第三位にはこちらも前作同様の三位についた『トモダチコレクション』がランクイン。要はDSの中に「ミニ人間の社会」を創り、見守っていく「神視点」型観察ソフト。「新しいエンターテインメント」を垣間見せてくれるようなタイトルとしても注目を集めている。かつてコンピューターゲームの早期に同様の主旨で作られた『リトルコンピュター・ピープル』の製作者がこれを観たら、どのような感想を述べるのだろうか。

第四位にはこちらも前回から順位を同じくする『イナズマイレブン2-驚異の侵略者- ファイア』『/ブリザード』がランクイン。収集・育成要素を持つサッカーゲームで、制作はレベルファイブが担当。テレビアニメで人気のキャラクタも含め1500人以上もの登場人物が収録されているなど、テレビで知った人にはなじみのキャラも多い。原作系ゲームは大外れか大当たりの二極化が常なのだが、こちらはどうやら後者のようだ。

今週は上位四位はすべて前週と同じタイトル・同じ順位という、極めて珍しい結果となった。第五位には新作の『ルーンファクトリー3』がかろうじてランクインしているのだが、勢いが良いとはお世辞にも言えない。年末商戦に突入するまでは、このような「アンニュイ」日々が続くのだろうか。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー