【更新】お風呂に毎日入る人、男性は5人に4人。それでは女性は……?

2009/10/27 17:24

入浴イメージ健康・美容・生活をテーマにした情報発信サイト「ココミル」を運営するヒューマは2009年10月26日、入浴と健康に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると調査母体においては、入浴頻度について男性が約8割、女性は約9割が「ほぼ毎日お風呂に入る」と答えていたことが分かった。入浴回数に限って言えば、男性よりも女性の方がお風呂好きのようにも見える([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は「ココミル」上(インターネット経由)で2009年7月3日から8月31日にかけて行われたもので、有効回答数は5174人。男女比は1239対3935、年齢階層比は非公開。サイトの性質上、世間全体と比べてやや「健康や美容に関して興味関心度が高い人」を調査母体にしていることを留意した上でデータを見る必要がある。

ライフスタイルや汗かき度、季節や風呂そのものの好き嫌いによるものなど、入浴頻度を決める要素は多々あるが、世間一般的には「お風呂は毎日入るもの」というイメージが強い。それでは実際のところはどうなのだろうか……ということで尋ねてみた結果が次の通り。

主にお風呂に入る頻度はどれくらい?
主にお風呂に入る頻度はどれくらい?

調査母体の男女比に偏りがあるので「全体値」は算出しなかったが、男性では8割近く、女性では9割近くが「ほぼ毎日」と答えている。「2日に1回位」は逆に男性の方が多いが、それを足してもやはり女性の方が入浴頻度は高い。今件では「入浴」を「全身浴」「半身浴」「シャワー」すべてを含むと考えた上での話なので、「男性はシャワーが多いから(湯船に浸かる)入浴頻度は低いのでは?」という推論は成り立たない。

調査母体の特性も考慮する必要があるのだろうが、やはり全般的には「ほぼ毎日入浴」「男性より女性の方がお風呂好き」というイメージで間違いはないのだろう。

……ちなみに、男性2.0%・女性1.5%の「その他」だが、それ以上の説明は無い。「ほぼ毎日」は「1日2回以上」も含まれるわけだから、「6日に1回位」以下の頻度ということになる。多種多様な理由があるのかもしれないが、治療などの事情を除けば、もう少しまめにお風呂に入った方が良い気がする。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー