40年あまりにわたる学校給食費の推移(最新)

2021/05/21 05:01

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-0424運動会や文化祭、遠足のような非日常的イベントはもちろんだが、ほぼ毎日行われる学校での行事においても、子供達にとって楽しみなことは多い。その一つが「学校給食」。毎日配膳される給食はバラエティ豊かで栄養にも配慮されたもの。毎月配られる献立表を見て、その内容を想像し、胸踊る気持ちになった経験を持つ人も多いはず。一方、その学校給食を利用している子供達自身はもちろん、その保護者にも、学校給食の費用(給食費)は気になる出費の一つではある。今回はその給食費について、過去からの価格推移を見ていくことにする。

スポンサードリンク


46年で8割ほど上昇


給食費といえば上記にある通り、子供の食生活における「気にかかる負担」であるとともに、昨今では【公立学校の給食費未納状況】などで解説しているように、未払い・不払い問題が話題として持ち上がっている。その観点からも、今後何らかの形で学校給食に関して検証が必要な際、具体的な額面を認識しておいた方が理解がしやすくなる。

主要データは【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】同様に、総務省統計局の【小売物価統計調査(動向編)調査結果】から取得したもの。1975年以降の値が確認できるので、それ以降、年次ベースで数字を取得できる2020年分までのもの(東京都区部小売価格)を逐次抽出していく。さらに2021年分は月次で3月分まで確認できるので、その3月分を暫定的に2021年分として取り扱う。

なお小学校の低学年に関しては2016年12月分をもって計測が終了してしまっている(総務省に確認済み)。よって今件記事では小学校低学年の値は2016年の値が最新のものとなる。

↑ 公立小中学校の給食費(東京都区部、月額、円)(2021年は直近月)
↑ 公立小中学校の給食費(東京都区部、月額、円)(2021年は直近月)

学校給食が戦後再開されたのは1946年であるとされている。しかし法律で正式に制定された(学校給食法)のは1954年。小売物価統計調査の公開値として取得できるのは、給食開始(再開)から20年あまり後をスタートとしているため、給食費の全ぼうを確認するのには、不完全な感は否めない。しかし今回取得できた範囲内で見ても、急激な変化は無く、緩やかな上昇にとどまっていたようだ。また2020年から急激な下落が生じているが、月次動向を確認すると2020年6月から額面の下落が生じているため、新型コロナウイルス流行による学校の休校などが影響していると考えられる。

一番古い値の1975年当時は、月額で小学校低学年では約1800円、小学校高学年で約2000円強、中学校で2300円近く。これが直近の2021年(小学校低学年は上記の通り2016年)ではそれぞれ3694円・3638円・4148円。小学校低学年は2倍程度、それ小学校高学年と中学校では8割程度のプラスにとどまっている。消費者物価の動向もこれに近い動きであることを考えると、それなりに健闘しているといえよう。

消費者物価指数の動向を反映させてみる


さて学校給食の場合、単純に額面の移り変わりだけでなく、当時の物価を考慮して考えた場合がよい、とする意見もある。各家計への負担を考えると、単純な価格変動だけでは比較が難しいからだ(40年前の1000円と今の1000円とでは、家計の負担が違うのは言うまでもない)。

そこで各年の給食費に、それぞれの年の消費者物価指数を考慮した値を反映させることにした。具体的には【過去70年あまりにわたる消費者物価の推移】で取得したデータを基に、直近の2021年における消費者物価指数をベースとし、過去の各額面を修正していくことになる(いわゆるウェイトバックというもの)。

その計算の上で作成したのが次のグラフ。よい機会でもあり、最古のデータ1975年から直近の2021年に至る変化率も算出して、別途グラフにした。

↑ 公立小中学校の給食費(東京都区部、月額、2021年の値を基に消費者物価指数を考慮、円)(2021年は直近月)
↑ 公立小中学校の給食費(東京都区部、月額、2021年の値を基に消費者物価指数を考慮、円)(2021年は直近月)

↑ 公立小中学校の給食費上昇率(東京都区部)(1975年→2021年(小学校低学年は2016年))
↑ 公立小中学校の給食費上昇率(東京都区部)(1975年→2021年(小学校低学年は2016年))

消費者物価指数を考慮すると給食費は1975年以降むしろ漸減、1990年前後からようやく上昇しはじめるも、その上昇幅はゆるやかであることが分かる。そして2020年以降の新型コロナウイルス流行の影響によるものと考えられる下落で、むしろ直近値ではマイナスという結果が出てしまっている。1975年からの上昇率は、小学校低学年でプラス13.4%だが高学年ではマイナス3.8%、中学校ではマイナス1.9%となる次第。給食の内容まで精査すれば、実質的に値上げどころか大幅な値下げとも解釈できる。給食費がいかに「物価の優等生」であるのがうかがいしれよう。


■関連記事:
【主婦が感じる給食の問題点、トップは給食費の滞納】
【小中学生が学校給食で好きなメニュー】
【保護者が思う「学校給食の利点」、トップは「栄養に配慮」】
【小中学生が学校給食で嫌いなメニュー】
【学校給食を残す理由、「体調不良」「量が多すぎ」それよりも……】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS