「積極的でないとイヤ」「自分のプライベートに口を挟むのは許さない」未婚女性の相手への願望とは

2009/10/24 10:03

色々希望する女性イメージ結婚情報サービス「O-net」を運営する楽天グループのオーネットは2009年9月14日、20代・30代の未婚女性に対する意識調査の結果を発表した。それによると調査母体においては、恋愛や結婚相手としての男性に対し「自分の交友関係に口出しする」「勝手に自分の携帯電話の中を見る」行為への拒否反応が極めて強いことが分かった。恋愛対象でもプライベートへの介入は許さない傾向があるようだ。また、出世欲の無い男性などにも否定感は強く、積極性も重要な要素のようである(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は楽天リサーチを使ったインターネット経由で行われたもので、調査期間は2009年9月3日から4日。対象は調査時点で20-39歳の結婚経験の無い女性で、有効回答数は900人。年齢階層は20代と30代で均等割り当て。

調査母体全体に対し、恋愛や結婚相手として男性を考えた場合、その男性の行動パターンで受け入れられるか否かについて提示した各項目別に尋ねたところ、もっとも許容度の高い項目は「お弁当を自分で作って持ってくる」だった。8割強が「問題無い」と答えている。一方、もっとも強い拒否反応を示したのは「勝手に自分の携帯電話の中を見る」で、こちらは8割を超える女性が「駄目だね、それは」と回答した。

恋愛や結婚相手として考えた場合、男性の行動パターンに対する許容の是非(女性から)
恋愛や結婚相手として考えた場合、男性の行動パターンに対する許容の是非(女性から)

個人のプライバシーを順守
強気・積極姿勢の行動様式
携帯電話におけるプライバシーへの進入については【「見せたくないけど見たい」女性心理とケータイのプライバシー】などでも触れているが、「自分のは相手に見せたくないが、相手のは自分に見せたい」という気持ちが(男性より)女性の方が強い。今件においては相手の行動のみを尋ねているので、必然的に「自分のは相手に見せたくない」が前面に出ているわけだ。「自分の交友関係に口出しをする」も7割強が「受け入れられない」の回答であるところを見ると、冒頭でも触れているように「自分のプライベートは頑ななまでに守る」傾向が強いことが分かる。

一方で、「いつまでたってもプロポーズしようとしない」「仕事の成功や出世に興味が無い」の項目も高い「受け入れられない」度の値を見せており、実生活における積極性を強く求めていることが分かる(しかし一方で肉体的要件についてはたんぱくでも構わないと回答している人が多い)。

ただ、同調査の別項目回答【未婚女性が望む結婚相手の条件、もっとも重視するのは「学歴」?「収入」?? それよりも……】を見ると、重要視する項目は「性格・人柄」「愛情」「健康」が上位で、「収入」「職業」などはさほど上には無い。これと併せて考えると、「収入はさほど高くなくてもいいけど、出世欲があり、積極姿勢を見せる性格で愛情にあふれているが肉体的にはたんぱくでもOKで、女性個人のプライバシーを守る男性」が理想の恋愛相手ということになる。……その条件を満たす人がどれだけいるかは、また別の問題ではある。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー