過去70年近くにわたる主要たばこの価格推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

2017/05/17 05:19

月日の流れと共に物価も変動し、多種多様な商品の価格も変化を遂げていく。その価格動向をかいまみることで、生活の移り変わりや商品の特性を推し量ることができる。今回は各種商品の価格変移の中から、タスポ導入やたばこ税引上げに伴う価格のアップ、さらには主要販売店だったコンビニにおける立ち位置の変化、消費税率改定に伴う価格改定など、さまざまな動きを見せる「たばこ」の価格推移について見ていくことにする。

スポンサードリンク


漸次値上げされるたばこ価格


日本ではたばこの販売はJT(旧専売公社)の寡占的な事業で、1985年までは専売制だった。現在でも日本国内においては唯一、たばこ製造を許可され、販売している(JT以外の企業では海外からの輸入たばこを販売している)。また地域による価格変動も無い。データ取得方法などは【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】同様の手法を用いており、取得元は総務省統計局における【小売物価統計調査 調査結果】。同調査では1950年以降ホープ・ピース・しんせい・ゴールデンバット、そして1960年に発売されたハイライトの計5種類について価格の追跡調査が行われていたため、計測期間における該当銘柄の価格が取得でき「ていた」。

その値を基に生成したのが次のグラフ。

↑ たばこ価格の推移(-2009年、円)
↑ たばこ価格の推移(-2009年、円)

↑ 1959年(ハイライトは1961年)と2009年時点における監視対象銘柄の価格(円)
↑ 1959年(ハイライトは1961年)と2009年時点における監視対象銘柄の価格(円)

継続監視対象の5品目では「ピース」が一番価格上昇率が低いが、それでも皆3倍から4倍程度に値を上げていることが分かる。また、1980年代後半から1990年代後半までの間はたばこ価格にほとんど変動が無かったこと、その時期以外はいずれの銘柄も一定期間毎に値上げを繰り返しているのが確認できる。「ピース」の初期をのぞき、価格が下がったことは無い。

唯一長期監視対象として残った銘柄は…


さて、上記グラフはいずれも2009年までのもの。現行では2016年(年次)、あるいは2017年4月(月次)までのデータを取得できるはずであるのに、なぜわざわざ古い値を最新値としたグラフを生成したのか、首を傾げる人も多いだろう。実は小売物価統計調査では紙巻きたばこに関する監視対象銘柄を、2010年から大幅に切り替えてしまっている。喫煙者の消費性向に従った判断によるものだが、これにより継続データを取得できるのは「ピース」だけとなってしまった。さらに2012年分からはたばこに関して銘柄の統合が行われ、特定銘柄に関わる調査は無くなり、輸入品と国産品それぞれに指定銘柄(複数、非公開)の平均値が計上されることとなった(総務省に確認済み)。

他方2010年以降では【たばこ税の推移をグラフ化してみる】【たばこ販売本数販売動向】で解説している通り、2010年10月にたばこ税の引き上げ=たばこ販売価格のアップ、2014年4月からの消費税率改定に伴いうたばこの販売価格引き上げ、2016年4月と2017年4月には一部銘柄で一部銘柄でたばこ税や消費税率の変更とは無関係に値上げが実施されている。

そこで「ピース」についてはJTから直接価格を抽出して長期価格変動を精査、残り4銘柄も含めた「現在」監視対象の銘柄に関しては引き上げ前、そして価格変動時における実情を反映したグラフを生成する。

↑ たばこ価格の推移(ピース、-2016年、円)(2017年は5月までの平均値)
↑ たばこ価格の推移(ピース、-2017年、円)(2017年は5月までの平均値)

↑ 1959年と2009年時点における監視対象銘柄の価格(円)(価格変更時分追加)
↑ 1959年と2009年時点における監視対象銘柄の価格(円)(価格変更時分追加

60年ほどの間にハイライトは6倍、しんせいは8倍近く、ゴールデンバットに至っては10倍近くにまで上昇している。消費者物価指数を加味すれば倍率はかなり下がるが(消費者物価指数は1959年から2017年の間に約5.7倍に上昇している)、それでもなおたばこの価格が上昇していることに変わりはない。



良い機会でもあるので、長期計測対象ではないが、最近の主要銘柄における価格動向をグラフとしてまとめておく。これらの銘柄は2016年と2017年の一部銘柄値上げの際には対象外となったため、その時の動向は省略してある。

↑ たばこの主要銘柄の価格動向(円)
↑ たばこの主要銘柄の価格動向(円)

2010年10月の値上げ前後の動向を見るに、値上げの幅が非常に大きいのが分かる。何しろ対象銘柄内ですら、ピース以外はすべて100円以上の値上げがなされているのだから。そして長期時系列グラフを生成できる「ピース」の価格の動きを見ると、その上げ幅がいかに歴史的なものだったかがあらためて良く分かる。

なお2014年4月の消費税率改定に伴う価格引上げは、ピースならばプラス10円で固定。ところが長期グラフ上で2014年分は中途半端な値、228円が計上されている。これは2014年では1月から3月までは旧価格220円で発売されていることから、新旧価格の平均値が反映されることになる。(220×3(1月から3月)+230×9(4月から12月))÷12で227.5円、四捨五入で228円となる次第である。2015年以降は230円で固定のため、2016年に入ってもすべての月が230円となり、平均値も当然230円のままとなる。

喫煙率の推移は【世代別成人喫煙率をグラフ化してみる】にも掲載されている通り、データが存在する1965年以降男性は一律に減少、女性は若年層に若干上昇・中堅層以降は減少の傾向が見られる。銘柄の好き嫌いもあるので断定はできないものの、昔と比べて今は、女性若年層における「可処分所得中のたばこへの出費割合が増加している」のではないかとの推測もできる。

たばこの販売価格引き上げは漸次論議の対象として持ち上がっている。そう遠からずのうちに再び価格の変化が生じる可能性はある。それが現実のものとなれば、グラフに変化が見られることになるだろう。


■関連記事:
【この一年の禁煙理由、トップは「たばこ値上げ」】
【喫煙者の38.2%がたばこ値上げ当日の時点で禁煙に挑戦】
【禁煙中 それでも「タバコ吸いたいな」 どんな時なら 吸いたくなるかな?】
【2010年のたばこ値上げで影響を受けた人3割足らず、そのうち禁煙を果たした人は1割強(国民健康・栄養調査2012年版)】
【理想3割・現実1割強…たばこ値上げに伴う禁煙、その願望と現実】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー