休日の自由時間の過ごし方、家(うち)にこもってお金の節約!?

2009/10/13 07:02

家でごろごろイメージマイボイスコムは2009年9月18日、消費に関する調査結果を発表した。それによると、調査母体においては「休日の自由時間の過ごし方」のトップには「ネットをする」がついた。ほぼ同数で「テレビを見たり新聞を読む」「家でごろごろ過ごす」が並んでおり、いわゆる「家(うち)こもり」現象が浸透していることが見て取れる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年9月1日から5日の間にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万4139人。男女比は46対54で、年齢階層比は30代34%・40代30%・50歳以上20%など。インターネット経由の調査のため、世間一般と比べるとネット関連の結果に偏る可能性を考慮する必要がある。

休日になれば得られるであろう自由時間。自分の好きなことができる、ある意味身体だけでなく精神も解放される素晴らしいひと時ではある。そんな至福のひと時に、どんなことをして過ごす・過ごしたいと考えているだろうか。今調査でもっとも多くの人が答えた選択肢は「ネットをする」だった。

休日の自由時間の過ごし方(複数回答)
休日の自由時間の過ごし方(複数回答)

ほぼ同数で「テレビを見たり新聞を読む」「家でごろごろ過ごす」がついており、この3項目のみが過半数を超えている。「ネットをしたりテレビを見たり新聞を読んだりしながら、家でごろごろ過ごす」という、お金も使わず外にも出ず、家にこもって誰もが出来る平穏な休日の過ごし方が容易に想像できる。

試しに「明らかに自宅で行っている行動」を赤で着色してみたが、いかに休日の自由時間の消費方法が「家こもり」に偏っているかが分かる。「お金を無駄に使わなくて済む」のが大きな要因だろうが、同時に精神的な疲れをいやすもっともシンプルな方法ともいえる。懐も心も疲れ切った人たちの休日は、自宅でお金のかからない時間の費やし方をして過ごす、というところだろうか。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー