「使いたい、それでも我慢だ仕方がない」トップの項目一体何だろ?

2009/10/13 07:01

旅行イメージマイボイスコムは2009年9月18日、消費に関する調査結果を発表した。それによると、調査母体においては「お金をかけたいが我慢している分野」のトップには「旅行、レジャー」がついた。次いで「外食、グルメ」「ファッション、アクセサリー」などが上位に並んでおり、これらに関連する産業の不調感を裏付ける結果となっている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年9月1日から5日の間にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万4139人。男女比は46対54で、年齢階層比は30代34%・40代30%・50歳以上20%など。

消費したい事、経験したい事、やってみたい事は山ほどあれど、その際にお金を使うのであれば断念したりできるだけ安く済ませたい。可処分所得の減少や消費意欲の減退から、出費を抑えたいがための決断を余儀なくされている分野について複数回答で尋ねたところ、もっとも多くの人の意見が寄せられた項目は「旅行、レジャー」だった。過半数の人が同意を示している。

お金をかけたいが我慢している分野(複数回答)
お金をかけたいが我慢している分野(複数回答)

「旅行、レジャー」に次いで多い意見は「外食、グルメ」。そして「ファッション、アクセサリー」が続く。それぞれ関連する産業「旅行産業」「外食産業」「服飾品産業」の売り上げが大きく減じている(消費の取りやめや客単価の低下)要因があらためて理解できよう。

一方でインフラ系の出費、教育・教養関係、そしてペット系の支出は我慢度が低い。【教育費 生活苦でも 減らしません 苦しい時こそ 子への期待を】でも解説されているが教育費は生活苦の中でも一番最後に削られる傾向があるし、【犬は25万・猫は13万……ペットへの 年間支出は 2割増】で触れているようにペットへの支出はむしろ増加する傾向すら見られる。不景気だからと言ってすべての項目を押し並べて削っていくわけではなく、取捨選択の中で我慢する・しないをより分けているようすが見て取れる。

グラフの下の方、つまりあまり削られない分野の傾向としては、「派手な物欲」というよりは「精神的な満足感」を充足させるタイプのものが多いのが分かる。今後は「フィジカルよりもメンタル」がトレンドの一つになるのかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー