ゲームソフトランキング更新、肥ゆる秋、スポーツの秋に欠かせないあのタイトルがトップに

2009/10/12 08:00

メディアクリエイトが発表した2009年9月28日-10月4日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回計測週のトップの座についたのは、かつてWiiソフトの代名詞とまで呼ばれ、実用的なエンタメソフトの代表作としても話題を呼んだ、あの『Wii Fit』のフルバージョンアップ版ともいえる『Wiiフィット プラス

スポンサードリンク


第二位には最新タイトルの『イナズマイレブン2-脅威の侵略者-ブリザード』がランクイン。タイトル名からも分かるように、収集・育成要素を持つサッカーゲームで、制作はあのレベルはファイブが担当している。今度は宇宙からの侵略者に立ち向かうという、いわゆる「ライバルインフレ現象」を起こしているが、それだけ主人公たちが強くなった証拠でもある。すれ違い通信を使ったデータの交換や、伝説のヒーロー「ヒデ ナカタ」の登場、テレビアニメで人気のキャラクタも含め1500人以上もの登場人物が収録されているなど、原作・前作を知っている人には胸ときめかせてくれる内容。

第三位にはポケモン最新作の『ポケットモンスター ソウルシルバー』がランクイン。かつて一世を風靡した『銀』のリメイク版。各メニューがタッチパネル方式で利用できる「操作性の向上」、ポケモンを連れて歩ける「ポケモン連れ歩き」などのゲームシステムの追加をはじめ、さまざまな機能・内容的な要素で手が加えられている。やはりゴールドよりもシルバーの方が人気が高いのか……。そろそろ十分な数が流通し始めているが、念のため。定価は4800円(税込)なことをお忘れなく。

第四位にはソニー系ゲーム機では定番のレースゲームシリーズ最新作『グランツーリスモ』がランクイン。プレイステーションポータブルという携帯ゲーム機向けタイトルでありながら、シリーズ最多の800種類を超える収録車種や35コース・60レイアウトのコースなど、ボリューム満点の様相。4人までの対戦や車種の交換など、携帯ゲーム機タイトルならではの遊びも提供されている。据え置き型ゲーム機向けタイトルのイメージが強いためか、発売初週は意見がまちまち。今後どのように全体的な評価が変化するかに注目したい。

今週は久々に新作が勢ぞろいで、上位に位置する既存タイトルはわずか1本のみとなった。それにしても同時に2タイプのタイトルが出るソフトが上位を占めると、色々と解説が大変になるしデータがごちゃごちゃになるし、こちらとしても大変である(笑)。一方で、例えば「ゴールド」「シルバー」のように実質ほとんど同じはずなのに、片方だけがよく売れる傾向が見えてくるなど、興味深い動きを知ることもできる。世の中うまく出来ている、ということなのだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー