いくつ知ってる覚えてる? YouTube内の流行100本を210秒で確認できる動画

2009/09/27 10:37

有名動画イメージ動画共有サイトYouTubeが登場して4年近くになるが、配信技術と加速度的なブロードバンド化の進歩で、今や同サイトはワールドワイドで「荒い画質の動画が何とか閲覧できるサイト」から「テレビ並みの高品質な動画が常に楽しめる」サイトへと進化を遂げた。ブログパーツ形式で自分のブログ・サイトに動画を貼りつけられる革新的なアイディアにより、動画による口コミが爆発的に広がったのも、同サイトを「キングオブ動画共有サイト」の立ち位置に至らしめた一因といえる。そしてその口コミによって、この4年間に多くの動画が世界中で閲覧され、注目を集めることになった。今回紹介する動画は、この4年間に流行った代表的な動画を3分半でダイジェスト的に流し見できるモノである(【トリガー記事:The Presurfer】)。

スポンサードリンク



100 GREATEST HITS OF YOUTUBE IN 4 MINUTES。
100 GREATEST HITS OF YOUTUBE IN 4 MINUTES。

これはイギリス・ロンドン出身のエレクトロポップグループ【HADOUKEN!】がYouTube上で自ら公開しているプロモーション動画【Hadouken! - M.A.D.】への返答動画として自らアップロードしたもの。自身の曲をBGMに、YouTube上で注目を集めネット界隈、一部は世間一般にも広まっていった数々の動画たちを編集して披露している。

有名な動画の1シーンイメージ先日紹介した【人間大砲も真っ青! ジャンプ台から家庭用プールにダイビングした、ある男性の勇猛果敢なる挑戦……!?】をはじめ、ずいぶんと古いモノから最近のものまで、軽いポップ調の曲と共に次々に「あの動画か!」と記憶を掘り返してくれる動画たちが次々とダイジェスト調に流れていく。ゲームに夢中になるあまりにキーボードをたたき壊してしまう(のを演じている)ドイツの少年「キーボードクラッシャー」や、ゲームのキャラクタを消されてしまったばかりにのたうちまわる姿を兄弟に隠し撮りされた動画など、「これが無いのは残念だな」というもの、「なんでこんなのが入ってるの?」というものもいくつかあるが、大体は網羅している感じだ。

わずか4年ではあるが、動画サイトYouTubeにとっては非常に分厚い経験を得ながら歩んできた4年間ともいえる。これから4年後、同サイトはどこまで進化し、インターネット界隈、そして社会全体において立ち位置を変えていくのだろうか。そんなことを考えながら動画を見直していくと、また違った趣も味わえるだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー