【更新】不眠症、普段している対策は「運動」「お酒」「入浴」「本読み」

2009/09/19 09:48

入浴と読書を兼ねるイメージ健康食品や化粧品のマーケティングリサーチをしているヒューマは2009年9月18日、睡眠に関する意識調査の結果を発表した。それによると調査母体においては、睡眠不足の対策としてもっとも多くの人が実践している方法は「意識的に運動をする」であることが分かった。その他飲酒や気持ちよく入浴すること、読書をしながら寝ることなど多種多様な「不眠症対策」が行われているが、その一方で「対策をしていない」人も半数近くに登るという結果が出ている([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2009年7月13日から31日までの間、インターネット経由で行われたもので有効回答数は5417人。男女比は1185対4232人。年齢階層比は数字上は非公開だが女性は30代・男性は40代がもっとも多く、平均年齢は男性44.3歳・女性は39.1歳。

睡眠不足状態を楽しんでいる奇特な人は少ない。自分が睡眠不足・不眠症と認識している場合、何らかの手立てを打つべきだと考え、実践している人が多いだろう。そこで自分がしている不眠症対策について複数回答で尋ねたところ、もっとも多いのは「意識的な運動」で13.6%を占めていた。

普段している不眠症の対策
普段している不眠症の対策

薬を飲んだり病院に行くなどの医事的対処をする人はそれほど多くなく、むしろ自分の身の回りの状況をうまく用いながら不眠症を克服しようと考えていることが分かる。

他方、「特に対策をしていない」は44.3%。この結果は調査母体全体に対するものなので、「満足な睡眠がとれている」「少々寝不足だが不眠症というほどではない」という人がこの項目の多数を占めているのだろう。

気になる、というよりすでに多くの人がお気づきのことだろうが、これら「不眠症の対策」はその多くが【ストレスを解消させるその方法 何はともあれまずは「寝る」こと】【Z世代のストレス解消法、トップは誰でも毎日やっているもの】などにもあるように、「ストレスの解消法」と同じであることが分かる(もちろん「寝ること」自身は無いが)。これは逆に、不眠症の起因がストレスを根ざしているものが多いことによるものだ。不眠症だけでなく他の心身へのネガティブな作用が心配されるストレスの解消を目指すことで、より健康的な日常生活を送れるようになるはずだ。

なお今回選択肢に挙げられた「不眠症解消法」はあくまでも調査母体の個人個人が「実践していること」として回答したもの。不眠症の症状・解消法は人それぞれであるし、本人の思い込みと実際の原因・解消法は別物である可能性も否定できない。体に無理を感じるようなら項目の中にもある「病院に行く」(主治医や社内の産業医に相談する)を選択するのが賢い選択といえよう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー